大食いのメカニズムについて調べてみました。

大食いの人に多い特徴としてあげられるのが

•血糖値が上がりにくい方。
血糖値が上がりにくい体質の方は満腹感を感じるタイミングが遅めでその影響で満腹を感じないとの事。

•褐色脂肪細胞が人より活発に働く方。
褐色脂肪細胞が人より活発に動くとそれだけ人より食べたエネルギーを早く消費できるため、大食いに繋がるとの事。

が!!!!これに当てはまらない人もいます。YouTubeで大食い動画を投稿して下さっている木下ゆうか さん。この方の場合、血糖値が人より上がりにくいわけでもなく、褐色脂肪細胞が人より活発なわけでもないようです。木下ゆうか さんの場合、単純に胃袋の伸縮能力がすごいらしいです。

ちなみに木下ゆうかの場合、胃が観測開始前と比べ66倍に膨れ上がったそうです。

というわけで、大食いは神が与えし能力なわけで、誰でもできるわけではないんですね。

ちなみにですが木下ゆうか さんのYouTubeでの大食い動画は僕は毎回チェックしています。人によるかもしれませんが、彼女の食べっぷりを見ていると辛い時でも食欲が湧いてきて元気になれる気がします。

僕の中ではナンバーワンのYouTuber(ユーチューバー)さんです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする