どん兵衛の『担担焼うどん』(担々焼うどん)食べてみました。

コンビニに行くと、どん兵衛の見た事のない商品を発見。その名もどん兵衛 担担焼うどんです。

担々麺なら『担々』と書くのにこのどん兵衛の商品は『担担』とあえて表記してるあたり、日清のいろいろな思惑が感じとれます。

どうやらこの『どん兵衛 担担焼うどん』ですが、2016年にもパッケージは少しちがいますが、よく似た商品があったようです。

担々麺が食べたかったってのもあったのですが、花椒ってのがものすごく気になっていて、山椒は知っていますが『花椒』ってなんぞやって感じでとりあえずそこが気になって買った感じです。

そして最速でググると

一般には中国名である「花椒」で知られ、日本語読みで「かしょう」、または中国語読みで「ホアジャオ」(拼音:huājiāo)と呼ばれる。また、日本の山椒と区別して「四川山椒」、「中国山椒」などとも呼ばれる。引用元:カホクザンショウ – Wikipedia

というわけです。簡単にいうと、日本原産のものを山椒、中国原産の物を花椒というみたいです。(山椒と同じミカン科らしいですが、種類が異なる植物から採るそうです。)

まぁ中華の山椒って事で、そこは国産の山椒でええんじゃないの?って思ったりもしましたが、とりあえず開封の儀

花椒パウダーと液体のソースが入っていました。

お湯を入れ、蓋をして5分、その後湯を切ったのがこちら

まぁどん兵衛ですね。。ここにどん兵衛の汁いれたらもうどん兵衛です。

まぁそんなわけで

完成です。

僕は辛いの苦手ですが、せっかくなので花椒を全部投入してみました。
辛いかなーと思ったのですがそれほど辛くありませんでした。。

山椒の香りが強く、山椒が好きな僕には結構ハマる味付けの担々焼うどんでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする