僕の母親が架空請求詐欺に引っかかりそうになりました。

架空請求やワンクリック詐欺の被害が急増していますが、とうとう我が家もその詐欺に巻き込まれました。

仕事から帰宅途中に父親から一本の電話がはいり、母親が32万円のお金を請求されているとの事。

この時点でもう僕は架空請求やワンクリック詐欺だと判断できたわけですが、やはり年輩な方々はそうは思わないようです。

実家に来て欲しいと言われ実家に行くと母親は悪徳業者と電話を繋いだ状態で待機していました。
なんでも電話を切らないで下さいと言われたもよう。(※これも悪徳業者の作戦で電話を切らせない事で相手に相談をさせないという策略なのです。)

詳しく聞くと電話を繋いだまま充電器をもってコンビニに行きAmazonギフトを買い、また別のコンビニでAmazonギフトを買い総額32万円買ったらそのコードを口頭で教えて欲しいとの事。

もうメチャクチャですよね笑。

僕が電話口にでるとIPアドレスでもう名前もわかってるし、払わないなら法的措置に出させてもらうとよくある脅し文句。。。

正直笑ってしまいました。

なんでAmazonギフトなんだ?と聞くとAmazonと提携してるからとwwwwww普通ここまで喋ると現代人なら詐欺と確実にわかるのですが、年輩な方々は法的措置などと言われるとパニックになってしまうようです。

ちなみに今回の悪徳業者は『ジェイコム』と名乗っていました。本物のJ:COMさんも困っているようで公式Twitterにて注意喚起してらっしゃいました。

基本的に今のインターネットでは通販なども含めて後払いなんてものはまずないと思ってもらっていいと思います。

例えばAmazonで商品を買ったらお金を支払うまで商品が送られてくる事はないでしょ?必ず前払い制なんです。

身に覚えがないのに請求がくる=悪徳業者と思えばいいんです。

ちなみにですがウチの両親は悪徳業者の実態などというテレビ番組をみてこんなの引っかかるわけない!なんて言っていて見事に今回の引っかかりそうになってました。

引っかかり、悪徳業者のリストに名前、住所、携帯番号までバレてしまいました。今後頼んでもいない商品が届いたり、架空請求の郵便物が届いたりなどの可能性が考えられます。

まぁ僕が悪徳業者と電話した事でそのリストから除外されている可能性もありますが、この記事を読んでる年輩の方々は次は我が身と常に思っていてください。

そして困ったら警察に相談してください。ネットで相談窓口を調べる事もできますが、この相談窓口自体が悪徳業者だったりってパターンもあるみたいなので、判断できないなら警察に相談する事をお勧めします。

悪徳業者の中には最初は高額な金額を提示しその後払えるような額に値段を下げて払わせるといったせこいやり方をしてくるパターンもありす。『払って貰えれば今後いっさい請求しない』などの口車にのって払うと悪徳業者の名簿リストに名前が載ってしまいその後カモにされてしまう可能性もあります。

絶対に1円たりとも払ってはいけません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする