山本義徳先生の公開した肩こり解消法がかなり効果的だった

ボディービルダーで有名な山本義徳先生、筋肉好きならTwitterなとでフォローしてる人も多いと思いますが、山本義徳先生がTwitter、YouTubeで公開した肩こり解消法が個人的にかなり効果的だったので、今回メモがてら残そうと思い記事にします。

山本義徳先生は静岡県出身のボディビルダーでパーソナルトレーナーとしても有名な方です。Wikipediaによると、これまでにニコラス・ペタス、フランシスコ・フィリォ、神取忍、池ノ上貴裕、鹿島建設、清水崇行、多村仁、CIMA、石森太二、横須賀享、ダルビッシュ有、松坂大輔 をはじめ多くのクライアントを指導されているようです。

そんな山本義徳先生が先日Twitter で肩こり解消法を公開したので試してみたわけです。

今回の動画ではスマホなどを使う事による肩こりについて説明されています。

スマホを使っていると丸まって肩が上がってしまい、そうなると僧帽筋が収縮し肩こりになりやすいそうです。

筋肉で血管が押しつぶされてしまい疲労物質が溜まってしまう事で肩こりになってしまうみたいですね。

山本義徳先生 公開の肩こり解消法は、この血管を広げて疲労物質を出ていかせる事で肩こりが解消されるというメカニズムみたいです。

まず第一に動画で説明されているのが、血管を広げる為に効果的なものについてです。


YouTubeより

アルギニン(アミノ酸)、ビタミンE、ナイアシン(ビタミンB3)、これらをしっかり摂ることで血管が広がるそうです。

血管が広がる事で全身の血流が良くなり疲労物質が出て行きますが、肩から出て行っても他で留まっていては今がないのでしっかり水を飲む事も大切だと動画で説明してもおられます。

動画の後半は肩こり解消運動についてです。

スマホによる肩こりの場合、僧帽筋が収縮し肩が上がった状態になっているので、肩を下げる運動をすると良いと説明しておられます。


YouTubeより

具体的には手を後ろで組んで肩を下げる運動、下げる運動を行いながら胸を張っていく、この運動をする事で僧帽筋が下の方に収縮し肩が上がらなくなるみたいです。

この運動で僧帽筋の下を鍛える事により肩が正常な位置になり肩こりが解消されるというわけです。

山本義徳先生の肩こり解消動画が公開され実際に試された方も多いと思います。リプライ欄をみていると肩こりにも原因はたくさんありますがスマホの使いすぎなどで僧帽筋が収縮し肩こりが発生している方は効果を実感されているみたいです。ちなみに僕もその一人で今回の肩こり解消運動をすると肩にスーッとしたものを感じ肩がスッキリします。

残念ながら次の日起きるとやはりまた肩こりを感じてしまいますが、長年の積み重ねでなった肩こりですしこの動画を参考に時間をかけて治していければと思います。